名古屋のカウンセリングセンターをお探しなら名古屋心理センターへ

カウンセリング&催眠指導歴40年、開業歴32年の信頼と実績。のべ15万人の悩み解決。 セラピスト・竹内令優のカウンセリングルームです。独自の心理短期指導で好評。

著書のご紹介

  • 心理カウンセリングのご案内
  • 講座・セミナーのご案内
  • 企業・団体講演のご案内

名古屋心理センターでの相談内容&心理技法

対人緊張、あがり克服、ストレス解消、うつ、パニック、トラウマ、快眠訓練、自律神経調整、不安感、手の震え、吃音、家族関係・お子様の問題、心の悩み。自己催眠、自律訓練習得、心理カウンセラー養成。
お一人お一人のケースに合わせた、きめ細やかなマンツーマン指導が好評です。自己催眠習得・認知行動療法・夫婦カウンセリング・家族療法・ゲシュタルト療法・交流分析・NLP(神経言語プログラミング)・EMDR(眼球運動による脱感作と再処理)等、高度なセラピーを組合わせた当センター独自の「心理短期療法」で悩み解決・心の癒しへ。

「電話予約制・秘密厳守」金山総合駅前(南口徒歩1分)アクセス方法はこちら

まずは、お気軽にお電話下さい。TEL052−671−0101 受付時間AM9:00〜PM6:00(月・木定休日)土日、祝日も受け付けております。

名古屋心理センターの今月のことば

「5月は心と体の変調をきたす。ストレスと上手に付き合う対処法」
「体調がすぐれない。不安になったり、無気力になったりする」。年度替わりの4月から5月にかけて、悩む人は多いものです。大学の新入生や新人社員は環境の変化、新たな人間関係から自律神経に変調をきたします。こうした相談には、心身のメカニズムを正しく理解して頂くことが効果的です。寒い冬の間は交感神経、つまり「緊張する神経」が強くなります。春から夏にかけて暖かくなってくると副交感神経、「くつろぐ神経」が活発になるという身体のメカニズムがあるのです。すなわち、自律神経は大自然のサイクルと同調しているのです。ある新入社員はカウンセリング後、「朝6時に起き、カーテンを開け朝日を浴びています。その後、腹式呼吸と自律神経調整訓練を実践しています」。今では体調が回復したとの報告でした。朝日を浴びることは、セロトニンの分泌を促し、精神安定とやる気を起こす、体内に備わっている特効薬です。「自分とは自然の一部分」との再認識が重要です。(文責:竹内令優)

「今月のことば」小冊子

「生活のヒント〜気づきの心理学」が小冊子になりました。
2008年4月以来(126回)、毎月欠かさず掲載してまいりました。
心理カウンセリング歴40年、竹内令優のカウンセリング・マインドでもあります。
来談者の方々から是非、小冊子を制作して欲しいとのご要望もあり、このたび今月のことば「ことばグセが自分の人生を決定し、幸せを創る」を集大成した小冊子を発行致しました。
現在、面接中の方に活用して頂き日常生活の良き指針として好評を得ております。
(著者:竹内令優)

名古屋心理センターの更新情報

2019.5.22

携帯サイト

心理カウンセリング・家族療法・親子カウンセリング・夫婦カウンセリング・ ヒプノセラピー・メンタルヘルス・愛知県・名古屋市金山駅前・名古屋心理センター

あなたはカウンター人目のお客様です